關於部落格
封閉自己的心,靜靜的傾聽,什麼也不表態。
這,或許只是劣根性。
  • 258730

    累積人氣

  • 51

    今日人氣

    3

    追蹤人氣

Season 歌詞

Lyricist:瀧川ありさ

Composer:瀧川ありさ・渡辺拓也



ほらまた君(きみ)の前(まえ)で涙(なみだ)を見()せてしまった

(なに)があってもずっと離(はな)れないでくれた

(だれ)かを守(まも)り抜()くと誰(だれ)かに罪(つみ)を作(つく)

()きるほど愛(あい)を知()って

こころは強(つよ)くなる

()の奥(おく)に映(うつ)る過去(かこ)の傷(きず)

わたしが飲()み干()すから

 

(きみ)の存在(そんざい)だけで世界(せかい)は万華鏡(まんげきょう)みたいに

くるくる回(まわ)って光(ひかり)が射()

()わる季節(きせつ)と変()わらない笑(わら)い声(ごえ)

(きみ)は思(おも)い出()にならないよ

ここにいるから

 

真夜中(まよなか)ベンチ(べんち)で言()った まだかさぶたの過去(かこ)

綺麗(きれい)に剥()がしたの あたたかい君(きみ)の手()

沈黙続(ちんもくつづ)いたあと降()り出()す雨(あめ)に気付(きづ)いて

そのまま言()えずにいる

ごめんね、ありがとう

月日(つきひ)が経()つほど

純粋(じゅんすい)な言葉(ことば)は飲()み込()むけど

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態