關於部落格
封閉自己的心,靜靜的傾聽,什麼也不表態。
這,或許只是劣根性。
  • 253807

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    3

    追蹤人氣

ふたりよがり 歌詞

 

Lyricist:瀧川ありさ

Composer:瀧川ありさ


あなたを助(たす)けようと、右手(みぎて)を差()し出()せば

あなたは俯(うつむ)いたまま、地面(じめん)を濡()らしてた

あなたを失(うしな)おうと、右手(みぎて)を降()ろしたら

あなたは左手(ひだりて)で、わたしを引()き留()めた

あなたが手()に入()れたい  ものは

わたしじゃあげられない

お互(たが)い気付(きづ)いている

だけど手放(てばな)せないのは、なぜ?

 

ありふれた言葉(ことば)

あなたでしか意味(いみ)のないこと

ありふれた約束(やくそく)

ふたりでしか交()わせないこと

(あふ)れ出()た涙(なみだ)

あなたでしか拭(ぬぐ)えないこと

ふたりよがり、空(そら)には月(つき)

 

都会(とかい)はたくさんのふたりが溢(あふ)れてる

それぞれにこの街(まち)は違(ちが)う風(ふう)に映(うつ)ってる

最終(さいしゅう)バス(ばす)に揺()られあなたの街(まち)に向()かってる

だんだん人(ひと)が降()りてひとりになって夢うつつ

 

(あめ)が降()ればふたり屋根(やね)を探(さが)して

()れたら虹(にじ)を見()つけて笑(わら)って

ありふれたことでも

あなたでしか意味(いみ)の無()いこと

 

ありふれた孤独(こどく)

あなたでしか救(すく)えないこと

ありふれた日常

相簿設定
標籤設定
相簿狀態